Font Size

Screen

Profile

Layout

Direction

Menu Style

Cpanel

 


梨園の梨の木は、針金を四方に渡し、その上に木枝が伸びるようにしてあります。
そうすることで木の高さをちょうど収穫のときに手が届きやすい低さにすることができます。


袋掛けは、りんごやぶどうなど様々な果物の栽培で使われる栽培方法です。
袋掛けをすることで、虫がついたり、果物が病気にかかりにくくなるなるなどの効果があります。


梨は、同じ木になっていても、なっている場所によって微妙に味が変わります。
一番先に甘くなるのは、枝の先のほうになっている実。
枝先から幹に向かって甘味がまわるので、枝先のもののほうが早く熟します。
熟しすぎると実の重みで落ちてしまうので、注意しなければなりません。

You are here